なんか書いてみたり アイマス1時間SS「素敵な一日」

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイマス1時間SS「素敵な一日」

04-02,2010

アイマス1時間SS参加作品になります。

今回のテーマは「一撃」「決裂」「遅刻」「曇天」 で、使ったテーマは「遅刻」

1時間もオーバーして、こっちのほうでも「遅刻」…うまくないうまくない
うぎゃー…




***********************************

 今日はなんだかダメな一日だな。
 事務所へと向かう道の上にて、私――天海春香はため息とともにそんなことを思った。荒くなった呼吸とともに。
 目覚まし時計の電池が起きる予定だった時間のちょうど1時間前に切れていて、おかげで2度寝してしまって、母に起こされなければ遅刻してしまっていたところだった。
 何でもないところでコケるのはいつものこととして、いやいつもじゃないと思いたいけども、今日はそのコケる回数も多めだ。
 派手に擦りむいてしまったヒザ小僧には2種類のバンソウコウ。
 1つは私のだけど、もう1つはちょうど切らしてしまってスタイリストさんからいただいてしまった。
 私が普段使っているものなら今日履いているタイツで誤魔化せたのだけど、いただきもののバンソウコウはちょっと分厚くて色もよくある薄いゴム色をしたものだから、端から見るとなんだか少し不恰好に見えてしまって、テレビ番組で共演した他のアイドルの子たちの綺麗な素足に引け目を感じたりもした。
 収録はすんなり済んだのに、元気がないってダメ出しされたっけ。
 それにタイツも伝線しちゃって、念のため同じものを用意しておいたけど、それもよかったのか悪かったのか。
「きゃあっ」
 そして今日3度目となる派手などんがらがっしゃーん。
 アスファルトの上でやってしまったから、本日2本目となるタイツもきっちり伝線してしまった。服はちょっと汚れてしまったのが不幸中の幸いなのかな。
 そのまま履いていると人に笑われそう。
 さすがに一介のアイドルであるところの私天海春香にとってそちらのほうが大問題である。人目がないことを確認して、近くの座れそうな段差を利用してタイツを脱いでカバンの中に入れてしまう。
 脱いだ後で両ヒザに1枚ずつ貼られた色違いのバンソウコウが現れて、頭を抱えたくなった。
 果たしてアイドルにとって、いやお年頃の女の子にとってどちらが恥ずかしいのだろうかと。
 ふと腕時計を確認して顔から血の気が引きそうになる。
 今日は社長やプロデューサーだけでなくアイドルたちも参加して行う765プロの定例会議があり、それに遅刻しそうなのだ。
 その準備があるのだからとプロデューサーさんを先に帰してしまったのが今になって悔やまれる。
 私は番組収録が終わって、テレビ局のほうからバスに乗って765プロの事務所に向かうつもりでいたのだが、その乗っていたバスの目の前で交通事故が起きて道路をふさいでしまってものだから、さあ大変。
 そのとき会議に遅れそうだと電話しようとしたのだけど、カバンを探っても携帯電話が出てこない。
 一生懸命探しても見つからず、どこに仕舞ったのか思い出そうとしてたら「そういえば」と頭によぎったのが、朝起こされたときに携帯電話で時間を確認してから、その時にベッドに放り出さなかったか、ということだった。
 事故現場から近くに公衆電話はないかと探してもみつからず、バスは立ち往生したままでアナウンスは一切ない。
 ええい、こうなったら!と思い走り出したのがちょっと前のことで、コケて座り込んで今に至る。
 本当に今日はなんだかダメな一日だ。
 765プロまであと少し。
 帰ったら誰かを捕まえて、ちょっとグチをこぼすのを聞いてもらおうか。
 プロデューサーさんはその後も仕事がありそうだから悪いかな。
 小鳥さんも同じ理由でダメだよね。
 千早ちゃんはレッスンしたいだろうし、律子さんも律子さんでなんだか忙しいし。
 雪歩や真なら聞いてくれるかな。
 美希や伊織、やよいに聞いてもらうのは年上としてどうなのって感じだしね。亜美や真美はなおさら。
 もうちょっとがんばって走ろう。
 遅刻してしまうだろうけど、そこまで行けばこのなんだか良くない一日も終了ってことで。
 ヒザ小僧に全然違うバンソウコウ貼っているアイドルだなんて逆に新しいじゃないか。
 バスが止まって走ることになったのも神様がもうちょっとダイエットがんばれってことだよ。
 収録がうまくいかなかったのはこれからのアイドル人生への良い経験としなきゃ。
 がんばれ、春香。夢は大きくドーム公演、Sランクアイドル!
 行け行け春香。765プロのみんなが私を待っている。
 主に遅刻を怒るために。
 うわー、行きたくなくなってきたなー。
 ようやく到着した事務所に入ると当然誰もいない。
 どこにいるのかと一瞬考え込もうとして、会議なのだから会議室だとすぐに思い至り、そちらへと急ぐ。
 私は会議室のドアを大きく開け放つと、中に向かって頭を下げ、
「遅刻してごめんなさい、実は……」
 遅れた理由を言おうとしたところでクラッカーがいくつも鳴って私はびっくりしてそれ以上しゃべれなくなってしまった。
 細い紙テープが大量に私に振りかかってくる。
 何が起きたのか把握できず、ぼんやりしていると、目の前のみんなが歌い出したのはお誕生日の歌だった。
 やよいや美希が歌いながら私の前に火のついたロウソクを立てた大きなケーキを持ってくる。
 歌が終わるとともに、
「お誕生日おめでとう! 春香!」
 その言葉をみんなから告げられた途端、私は大粒の涙をこぼし、大声を上げて泣き出してしまった。
 驚いて駆け寄ってきてくれるみんなに対して、私は「なんでもない」や「ありがとう」を繰り返し、なんとか笑顔を作ろうとした。
 でも、なぜか涙があとからあとから出てきてしまって……
 
 私が落ち着くのを待って、みんなはあきれたり心配してくれたりしながら、改めてお祝いしてくれた。
 私はその全てに「ありがとう」と喜んだ。
 なんだ、ダメだなって思ってたのはこのためのスパイスで、今日は素敵な一日だったんじゃないか。
 そんなことを思いながらみんなとケーキを食べたのだった。

-EMD-

***********************************
スポンサーサイト

COMMENT

全くオチを読めなかった自分にガッカリです。
そうですよね。そういう日でしたよね。

ものすごく春香さんの魅力が凝縮された作品でした。
春香は他人の力を借りなくても、前を向けるキャラですよね。
落ち込むこともあるけれど、それでも顔を上げて、一歩を踏み出せる。
そんな強さとひたむきさが、心を捉えて放しません。
そして、そのガンバりが、あんな形で報われて、本当に良かったです。

1点だけ。

> 服はちょっと汚れてしまったのが不幸中の幸いなのかな。

ここの表現が気になりました。書き直しの途中? みたいな印象でした。
2010/04/03(土) 03:22:34 |URL|ガルシアP #MhlNZB0o [EDIT]
>>ガルシアP
コメントありがとうございます^^
今までそういう日の作品を書けていなかったので、どうせならと思って書いてみました。
どこかでつまずきつつもがんばっていこうとする姿は春香でないと書けないものだと思い、それを形にしようとしてみました。彼女の魅力を表現できていたのなら幸いです。

書いたときはそれでいいかと思ったんですが、表現が曖昧というかおかしいですね><
派手に転んだ割には服が破れたり大きく汚れたり、ケガをしてなかったというニュアンスで書きたかったのですが、そこはちゃんと書くべきでした…
精進していかねば><;
2010/04/03(土) 08:15:22 |URL|coro #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。