なんか書いてみたり Pこと

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pこと

01-25,2010

P(♀)と小鳥だったら、どういう関係になるのかなぁっという妄想
例えばこんな感じなのかなー…



************************************

「冬はやっぱりコタツですねー」
 自分の部屋のコタツにアゴを乗せてゴロゴロと喉を鳴らす猫のように心地よさげな顔をしていると彼女――音無小鳥さんはしみじみとそんなことを言った。
 年上だというのにそういうふうにしている彼女は童顔であることも相まってなんとも愛らしい。
 私はにやけてしまいそうになる口元を湯呑みでお茶を飲む振りをして隠しつつ小鳥さんの言葉にうなずく。
「そうですね。でも、よかったんですか、私なんか呼んで」
「いやー、私も実家に帰ろうかと思ったんですけどね。大掃除はまともに終わってないわ、年明けてからもそんなに休みがないわって思って帰省は止めにしたんですけど、休みが始まっちゃうとなんだか寂しくなっちゃっいましてね。ほら、私ってプロデューサーさんくらいしかまともにお話しできる相手いないんですよ。だって、」
「いや、そうじゃなくて」
「え?」
 きょとんとしてこちらを見てくる小鳥さんの顔も可愛いなぁ。
 ではなくて、私が小鳥さんに対して何をしたのかを訴えたかったのだけれど彼女にはうまく通じていない様子だ。
 どう説明したらいいのか自分でも困ってしまい、自然と小鳥さんと見つめ合う形になってしまう。出そうになる言葉はまだ少し立ち直れていない私と小鳥さんとのあの日の出来事なわけなのだから。
「プロデューサーさんの髪長いから、この時期はあったかそうでいいですよねー。私だと首の辺りかかってるように見えるんですけど、寒風がぴゅーぴゅー入ってきちゃって寒くて寒くて」
 ぶるぶると寒さで震えるような動作をして半纏の衿を引き寄せる。
 そしてまた天板にアゴを乗せるとさっきからずっと温まっているはずなのに今ようやく温まったみたいに表情を緩ませていく。
「冬はやっぱりコタツですねー」
 少し前に聞いたのと同じ言葉をまた言った。毎日コタツに入るたびに言ってるんじゃないかと思うと少し微笑ましいかもしれない。
「ミカン食べていいですか?」
 小鳥さんがどうぞという前には手に取って皮をむき始める。
 あーんと声を出して口を開けている彼女の口の中に1粒を放り込む。
 いくつか食べると本当の小鳥に餌でもやるように彼女の口の中に入れるという変なリズムでミカンを食べるとすぐに終わってしまう。
「おなか空きましたね」
「そうですね。何か出前でも頼みます?」
「あー、プロデューサーさんの手料理が食べたいですねー。材料は冷蔵庫にたくさんあるのでお願いしまーす」
「え?」
 小鳥さんがコタツの中から取り出されたエプロンを私に押し付け、楽しみにしてますねといってそのまま後ろに倒れ込んでいってしまった。
 どういうことかと呼びかけても狸寝入りのはずなのにこちらの声に反応してくれない。
「簡単なものでいいですよね、小鳥さん」
「はーい」
 こんなときだけしっかりと返事があるし。

 時間をかけずに作ったはずなのに小鳥さんは完全に寝てしまっているし。
 何度か起こすために声をかけたのに返事は寝息が返ってくるばかりで寂しくなってくる。
「こっちは未練たらたらなんだから、そんなに無防備でいられると困るんですけど」
 小鳥さんの顔を見つめていても起きる様子がないので、料理を彼女の分までコタツに運んで自分だけで食べ始めようと思って動こうとしたけど、急にむしゃくしゃしてきて彼女の頬に唇をつけた。
 やってしまってから急に恥ずかしくなって顔が汗でも噴き出すんじゃないかと思えるくらいに熱くなってきた。
 社会人でしかも女なんだから何やってるんだとか考え出すと矢も盾もたまらない気持ちになり、コタツの上に並べても大丈夫な料理だけ並べ、あとのことを書いたメモも一緒に置いて小鳥さんの部屋を出てしまった。
 外の寒さがちょうど火照っていた頬を心地よく冷ましていってくれる。
 止めていた車に乗り込んでようやく一息つけた気がした。
 すぐに走り出すきにはならず、なんとなく携帯電話をポケットから取り出してみたら、そのタイミングでメールの着信を知らせるチャイムが鳴った。
 それを確認した途端、頭を抱えたくなった。
 差出人は『音無小鳥』でタイトルは『プロデューサーさん!?』とあり、本文は実にシンプルに、
『こんなに食べられませんよー!』
 とヒヨコの絵文字が最後で怒っていて、その愛らしさが彼女を思わせる。
 こういうときは笑えばいいの、あきれればいいの?
 鏡で自分の表情を確認してみると、困ったように見えて実は嬉しそうな顔をしている気がした。
 もう1回、告白しちゃおうかな。
 そんなことを考えながらメールで彼女の部屋に戻る旨を返信すると、すぐに車を出た。

-END-

************************************
スポンサーサイト

COMMENT

拍手ありがとうございます!
Pと小鳥さん、もっとラブラブになればいいのに!w
2010/02/13(土) 16:00:58 |URL|coro #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。