なんか書いてみたり はるちは

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はるちは

01-13,2010

急に
素敵なイラストを
見たから

というわけで、なんだか一人1時間SSのような感じで書いてしまいましたヽ(゚∀゚)ノ

インスピレーションくすぐる素敵なイラストを描かれたのはいつもお世話になっている晴嵐改さん! 今回もSSの途中でそのイラストを使わせていただきました、ありがとうございます<(_ _)>

それではイラストと合わせて読んでいただけたらと思います、よろしくお願いいたします。



************************************

 楽しい時間が過ぎるのはあっという間。
 彼女と過ごす時間はいつも気がつくと別れの時間になっている。
 いつもだったら笑顔で「また明日」、それだけで終わることなのに。
 今日はもうちょっと、もうちょっと傍にいたくて、一緒にいられる理由を探してしまう。
 それでも晩ごはんまで食べてしまうと、現役アイドルとしてはいつまでも外に出かけるわけにはいかず、疲れた体に任せて元気のない足取りで家に帰るための駅に向かう。
 彼女は私のそんな様子に気づかってくれる。
 私はそれに甘えてしまいたくなる。

「今夜は帰りたくないなー」
「春香?」

 ふらついたのを利用して、支えてくれようとする彼女にもたれかかる。
 彼女の肩口に押しつけた鼻先に彼女のニオイが香った。いつもつけている化粧品と遊び回ったせいでかいた汗と彼女本来ともいうべきカオリが混ざった、彼女のニオイ。

はるちは20100113

「千早ちゃんの部屋に泊まりたいな」

 彼女は何も答えてくれなかった。私は答えを求めるように彼女の鎖骨のあたりに頭をもたれかからせるようにして耳を当てる。
 彼女にとってはコンプレックスでも、今は彼女の鼓動を聞かせてくれるには好都合だ。
 少しだけ早くなった、ような気がした。それはきっと気のせい。
 彼女は引き離そうともせず、こちらのさせてくれるまま。

「ごめんなさい、春香」
「どうして?」

 少しだけ目線を上げてみると彼女の顔が見えた。どう表現をしたらいいのだろう、悩んでいるような迷っているような深刻に考え込んでいる様子の表情だった。
 ごめんなさいと言ったけど、それは部屋に泊まることに対する断りの言葉というわけじゃなかったのだろうか。
 彼女の言葉を待つべきか、それともこちらからもう一押しくらいするべきか。
 私の心も逡巡し、黙り込んでしまえばそこから会話は続かない。それもいいのかもしれない、彼女のぬくもりが今はとても傍にあって私の体に触れている。
 不意に、彼女が抱き締めてきた。
 
「だめなのよ、部屋はだめ」
「だからどうして、千早ちゃん?」
「それは、その、あなたを」
「私を?」
「私の」
「千早ちゃんの?」
「私のものにしてしまいたいって、思ってしまうから」

 震えるように吐き出された言葉に私の心は舞い上がる。
 そんなこと大歓迎だよ。
 うれしさのあまりにそれは言葉にならなくて、私は彼女の唇に不意打ちした。

「はるっ……!?」

 驚きの声を上げるその途中にもう一度。
 そしてもう一度。
 彼女からも、もう一度。これは少し長く。

「行きましょうか」
「もちろん千早ちゃんの部屋だよね?」
「ええ、もちろん」

 離れる前に、もう一度だけ。
 そしてなんでもなかったかのように歩き出す。でもせっかくなのだから手をつなぐ。
 楽しい時間はまだ終わらない。
 彼女と過ごす初めての夜が待っているのだ。

-END-

************************************
スポンサーサイト

COMMENT

拝読いたしました。

部屋に招き入れたいけれど、どうなってしまうかわからない。
そんな千早の戸惑いがこちらとしてはいいニヤニヤ展開でした。
春香も帰りたくないとだだをこねるところが幼くも可愛らしかったです。

今夜春香は千早ちゃんとキャッキャウフフなことになるのか…!これもまた想像しがいがありますね。
はるちはssごちそうさまでしたー。
2010/01/13(水) 19:38:56 |URL|ふじゃん #- [EDIT]
>>ふじゃんさん
感想ありがとうございます!
とにかくニヤニヤしてもらえる作品になればと思い書きました、ニヤニヤしていただけたのならうれしい限りです^^
きっと2人はこの後キャッキャウフフなことになるのでしょうねぇ……書けばよかったかな(ボソリ
読んでいただきありがとうございましたー!
2010/01/13(水) 21:37:46 |URL|coro #- [EDIT]
鼻血が…止まりません…coro先生流石です…ぶふーーー!!
千早さんの葛藤と春香さんとの会話の一つ一つに悶絶であります…。
春香さんの誘導尋問素敵です。きゅんきゅんぐほぁ…
こんな可愛い春香さんに「部屋に泊まりたいな」なんて言われたらもう…ね!たまらんとです!!
coro先生のSSには悶絶されてばっかりであります。責任とって下さい!!(ぇ
本当に素敵なSSありがとうございました!
2010/01/14(木) 00:39:55 |URL|小六 #- [EDIT]
>>小六さん
感想ありがとうございます!
ひとまず鼻血を止めてー!?
「部屋に泊まりたいな」ですよ、その言葉に尽きますよ、ええ…泊まってどうしたんだろう…(興味津々
悶絶してもらえるようなSS書けているようでよかったですぅ、じゃあ責任とってまた書きます…え?違う?むしろ合ってる?w
読んでいただきありがとうございました!
2010/01/14(木) 01:07:01 |URL|coro #- [EDIT]
これは、続きに期待せざるを得ない…
2010/01/15(金) 02:23:04 |URL|晴嵐改 #bB16gPrA [EDIT]
>>晴嵐改さん
続き……?σのヮの
期待されたら書かずにはいられませんね!
コメントありがとうございます!
2010/01/15(金) 08:11:50 |URL|coro #- [EDIT]
拝読しましたー

春香の小悪魔的なお誘い……
これはもう一線を越えるには充分すぎる
程の魔法ですよねぇ
 正直これをやられたら部屋の鍵なんて
あって無きが如しですよ^^
2010/01/16(土) 16:51:34 |URL|トリスケリオン #- [EDIT]
>>トリスケリオンさん
感想ありがとうございます。
これでちーちゃんの部屋は春香ならいつでもウェルカムですよ状態に…のヮの
トリスケリオンさんのSSも楽しみにしています、わっほいわっほい!
2010/01/16(土) 17:34:04 |URL|coro #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。