なんか書いてみたり 1時間SS参加作品「春香の考えた映画作品」

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1時間SS参加作品「春香の考えた映画作品」

01-07,2010

twitterにて企画された1時間SSに参加させていただきました。
与えられたテーマ『映画』を元に…なんだかアレなSSができてしまいました、ごめんなさい^^;

参加者の皆様、おつかれさまでした!
※参加された作品を確認できている範囲で挙げさせていただきました。どの作品もオススメですよ!
ピヨ談P:「【1時間SS】―映画―
小六さん:「1時間SS書きました。
島原薫さん:「一時間SS/「あの子はムービースター!」
トリスケリオンP:「一時間SS/エンドレスムービー
(…まずかったら消しますので、その旨コメントいただけるとありがたいです)

↓では、自分の作品もお願いいたします↓


************************************

「765プロで映画を作るとしたら?」
「ええ」
 私は千早ちゃんがそんなことを言い出したことに驚いてしまった。
 そもそもどうしてそんな話になったのかという理由を尋ねてみると、なんでも社長やプロデューサーさん、小鳥さんや律子さんまでが集まって映画を作るみたいな話をしていたようなのだ。
 もしそんなことになったらどうしようと悩んでいる様子の千早ちゃんに対して私はそんなことになったらなんて素敵だろうとしか思えなかった。
 だって、映画ですよ、映画!
 例えば、765プロ総出のアクション映画なんてどうだろう。
 真には悪いけどやっぱり彼女が主役というのが映画の見栄えとしてはいいんじゃないかな。
 アクションの種類も色々あるなかで、真だったら香港映画みたいなB級で定番なアクション満載なんだけど熱くなるところでは思いきり熱くなるようなものをやって欲しい。明朗快活で涙もろい人情家、だけど誰よりも心が強くて悪いことを許さないかっこいい主人公!
 そうだ。他のアイドルのみんなもそれぞれにらしい配役とかつけてみると面白いかも。
 律子さんだと真に対して口やかましい女性刑事とかいい感じかも。真の芯の強さにいつのまにか協力的になって、クライマックスとかで真と一緒に敵地に乗り込んでいく、みたいな。
 女の子っぽい雪歩だったら真の親しい友達、でもなんだかそれ以上の気持ちがあるんじゃないですかと勘繰ってしまうようなヒロインなんかぴったしだよね。そうだ、真は悪い人たちにさらわれた雪歩を助けるために敵地に乗り込む! 定番といえばこれですよね。
 他の子たちの配役はどうしようかな。
 あずささんは普段おっとりしているんだけど、この前のドラマで普段見せないような大人の演技をしていたんだよね、セクシーなんだけどどこかクールな感じの。どうせだったら挑戦して敵の女ボスとかどうだろう。屈強な用心棒をいつも周囲に引きつれていて、でもビジネスはやり手で危ない取引をいっぱいしてるようなお色気たっぷりの女社長みたいな。
 あ、屈強な用心棒たちっていうのは意外なところでやよいや伊織、亜美や真美なんておもしろいかも。他にも軍人みたいな見るからに強そうな人たちがいっぱいいるんだけど、その人たちよりも強いって感じで。亜美や真美は面白がるか文句を言うかどっちかだろうけど、伊織は確実にきつい文句が待っているだろうなー。
 そして美希……の役はどんなのがいいだろう。律子さんと同じ刑事なんだけど、実はあずささんともつながっていて情報を流している? もしくは悪い人に狙われたところを真が助けられてそのまま真に恋をしちゃっていつも追いかけているようなお嬢様? なんだかピンッとこないけど、これ以上いいのが思いつかないや、美希の配役はあとにまわそう。
 最後の配役は、千早ちゃん。
 千早ちゃんに関してはこれがいいんじゃないかというのが思いついていて、ずばり主役である真のライバルだ。
 あずささんに雇われた凄腕の殺し屋で、実は真とは幼馴染の関係なんてどうだろう。どんなに恐ろしいことでも平気でやってのけていたのに、真と再会してからはそういうことをするのにどこか躊躇するようなところが見えたりするの。裏社会の汚れた仕事と真との熱い友情に心を揺り動かされているさまが見えるような役をやっている千早ちゃんとか見てみたいな。
 ラストは真と千早ちゃんが決着をつけるみたいな、荒々しいのにどこか悲しさを帯びているようなシーンとか想像するだけで胸がジーンと熱くなってくる。
 あれ? 私の役を何も考えていなかった?
「ねえねえ、千早ちゃん、こんな映画を思いついたんだけど」
 さっきまで私が考えていたすっごく面白い映画について一生懸命に説明する。
 すると、千早ちゃんは微笑みとともにこんなことを言ってくれた。
「じゃあ、凄腕の殺し屋にもバックストーリーが欲しいから、その愛人なんてどうかしら?」
 言われた瞬間に私の頭の中は殺し屋とその愛人による甘くて切ないラブストーリーでいっぱいになってしまった。

-END-

************************************
スポンサーサイト

COMMENT

一時間ssお疲れ様です。拝読いたしました。

765プロで映画…!しかも春香さんの想像する配役が俺の中でも想像しやすいです。
本当に映画になるならやはり亜美真美たちの言動が気になるところです。良いストーリーの引っ掻き回し役になりそうですね。

春香さんの配役も魅力的且つドキドキする配役で俺の脳内で勝手に二人の登場シーンの撮影がスタートしております。はるちはー!

楽しいはるちはssごちそうさまでした。
2010/01/07(木) 23:55:23 |URL|ふじゃん #- [EDIT]
春香さんと千早さんのイケナイ映画があると聞いてやってきました!!ガタッガララド゙ガラガシャーーーーン!!
765プロ全員でアクション映画を作ったら、こんな感じになるんだろうなぁ…。
見れるのならば、是非とも見てみたいです。
おそらく目の前で自分の考えた設定を話しているくせして、千早さんの配役を最後にもってくる春香さんのニヤニヤ顔が目に浮かびます。千早さんは楽しそうに春香さんの話を聞いているんでしょうねぇ…そして愛人とは。千早さんはレディキラーですねw
そして、もったいぶらせながらも、自分の配役を考えていなかったという合わせ技、その可愛さに一本取られました。
殺し屋と愛人…むしろそれでサイドストーリーが作れそうな勢いです。わくわく。
素晴らしいSSをありがとうございました!
2010/01/08(金) 00:33:10 |URL|小六 #- [EDIT]
会話文とモノローグのスレスレのあたりを上手く使った佳作でした。うん、上手い。
春香の説明とともに、読む側も勝手に絵を創造していくあたりは心地良かったです。王道のストーリーな分、ビジュアル化も困難ではなかったですし。
特に最後の春香さんのくだりはバッチリでした。ちょっと甘い言葉に乗せられやすい年頃の女の子を表現しきっていて、読後感もサッパリしていて良かったです。
では、企画参加ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
2010/01/08(金) 01:08:44 |URL|島原薫 #- [EDIT]
1時間SSお疲れ様でした!
コンパクトにまとまったいいSSだと思います。
それぞれの配役も「うんうん、分かるー」なんて頷けました。
しかし春香を愛人にするだなんて、千早さんは意外とヤリ手ですねw
ステキなSSありがとうございました!
2010/01/08(金) 16:21:58 |URL|ピヨ談 #- [EDIT]
>>ふじゃんさん
感想ありがとうございます!
妄s…想像しやすさは狙っていたのでそれがうまくいったようでなによりです^^
よし、その撮影を書く権利をあげ…はるちはー!

>>小六さん
感想ありがとうございます!
イケナイ映画なんてありませんイケナイ映画なんてありません!…グシャ
春香はできればかわいく書きたいというのがあるので、そう感じていただけたならこちらとしてもしてやったりとうれしくなりますね^^
よし、そのサイドストーリーを書く権利をあげ…ちーちゃんは春香さんキラーですよσのヮの

>>島原薫さん
感想ありがとうございます! 企画運営おつかれさまでした
1時間という制約があるにしても王道ということに甘えすぎたかと思う部分はありますが、いい形にまとめられたと思ってます。
最後のくだりはすっとでてきて自分も気に入っていたのでバッチリといっていただけたのはとてもうれしいですね!

>>ピヨ談さん
感想ありがとうございます!
1時間で書くにあたってコンパクトというのは意識していました
自分のなかの千早はなんかやり手なイメージができつつあるのですが、はてさて…^^;

読んでいただいた方、ありがとうございましたー!!
2010/01/08(金) 22:41:02 |URL|coro #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。