なんか書いてみたり アイマス1時間SS「三浦あずさ」

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイマス1時間SS「三浦あずさ」

06-24,2011

アイマス1時間SS参加作品になります。
今回使用したテーマは「水着」「撮影」「天然」。
よろしくお願いします。





***********************************

 三浦あずさがプールから上がると、私は唾を飲み込んだ。それに気づいた様子もなく、彼女は悠々とプールサイドを歩き始める。
 歩くたびに弾力のある揺れを見せる双丘。
 たるんだところの見当たらないくびれた腰回り。
 丸みを帯びた形の良い臀部は胸に比べれば小ぶりに見える、が。
 少女のような爽やかさと、大人の女性の色っぽさを混在させた存在がそこにいた。
 別の目的で手にしていたはずのデジタルカメラのシャッターを押す。まだ距離があるのでわからないだろう。
 何か探すように周囲を見回し、こちらへと向かってくる。
 やはり見つかってしまったのだろうか。慌てて撮るのをやめる。
 正面から見ると、さらに彼女の胸の迫力に驚かされる。
 徐々に近づいてくるので、カメラを隠し、素知らぬ顔をしようとする。それでも彼女はこちらを見てくるのを、私は心臓を高鳴らせながら立っていた。
 ほほ笑む彼女の顔を見惚れてしまわないようにするのが大変だった。
 すぐ近くまで来た三浦あずさの顔が一瞬曇り、睨まれたのだと感じた。
 謝ろうと思い、こちらが口を開こうとしたとき、
「あれ、こっちが更衣室じゃないんですか?」
 彼女がそう言って、困ったように笑うのを見て、こちらも釣られて笑ってしまった。
 そんな天然さがとても愛らしい。

-END-

***********************************

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。