なんか書いてみたり アイマス1時間SS「春香成分」

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイマス1時間SS「春香成分」

06-10,2011

アイマス1時間SS参加作品になります。
今回使用したテーマは「履歴」。
よろしくお願いします。






***********************************

「困ったわ」
 自分の部屋のベッドに座っていた如月千早は読んでいた本をぱたりと音を立てて閉じた。
 そのままひとり言を続ける。
「春香成分が足りないみたい」
 春香成分とは、天海春香のそばにいることで摂取できる栄養素みたいなエネルギーみたいななんかそんなもの。
 最近は春香と期間限定のユニットを組んで新曲を出したので、そのプロモーション活動で現場では常に一緒にいたから大丈夫だったのだけど、ソロに戻ってしまうと活動の場がかぶっていないところがあるためにそれがほとんど無理となってしまった。
 アイドルとして忙しく仕事をしている分には誤魔化せるのだが、急なオフ日ができてしまうと、自分の中に不足しているものをはっきりと理解してしまう。
 どうしようかしらと声には出さずにつぶやき、千早は考え込む。
 春香の今日の仕事を思い出そうとして思い出せず、意味もなく彼女に電話をしようと思いついた自分を自分で引き止める。だけど考え出すと、せめて春香の声でも聴かなくては自分の中から何か出てきてしまいそうだと怖くなる。
 机の上に置いてあるパソコンに目をやり、方法があることに思い至った。
 最近ウェブ上で始まった春香のラジオ番組だ。
 インターネットのブラウザを立ち上げると、お気に入りの中に入れてあるサイトをクリックした。
「あ」
 前の回でも十分だったのだが、そこには新しい回の配信が始まっていたのだった。
 迷わず聴き始める。
 彼女の明るい声を聴いていると、千早はまるでしなびていた花が水を吸い上げてまた花を咲かせようとするように心が甦ってくるような感じがした。
 そのことを不思議に思いながら心地良く聴いていると、
『そうそう、携帯電話の履歴とか見て、この時にこんな話ししたなぁって思い出したりしません? しないかー』
 なんてことを春香が言い出したので、ふと自分の携帯電話の履歴を見てみた。
 最初にあったのはやはり「天海春香」の名前だった。
 話をした内容はなんだったか思い出そうとして、ラジオを聴いていたのだと思いだして、そちらに集中することにする。
 リスナーのお便りを読み始めた春香。その内容は千早とのユニットが終わってしまって残念なことと、ユニットを組んでみての感想を求めるといった内容だった。
『千早ちゃんとのユニットは』
 そこで言葉が止まった瞬間、千早はどきりと心臓が鳴るのを覚えた。
『楽しかったのもあるけど、やっぱり勉強になった。歌だけじゃなくて、その芸能活動をするにあたっての姿勢というのかな。普段から彼女は如月千早なんだなぁって』
 それを聴いてしまった千早はあまりに照れくさくなってしまって、机に突っ伏してしまった。春香の言葉はそこからも続いていて、そのほとんどが千早を褒めるものばかりなので、千早はじたばたするしかなかった。
 ラジオ番組はそれからもたびたび千早とのユニットのときの話になり、そのたびに千早を悶絶させた。
 エンディングを迎えて、スタジオ内にいるのであろうスタッフが『今日は千早さんの回だったね』と言ったのを、
『毎回千早ちゃんの回だっていいくらいですよ。だって愛してますから!』
 そんな返しをしたので、不意を打たれた千早は頭を抱え込んでしまった。叫んでしまいそうになるのはこらえたのだが。
 冗談な本気なような響きに聞こえるが、本気なことを千早は知っている。なにせユニット活動の最後の日にお互いで告白しあったのだから。
 番組が終わったのも気づかず、頭を抱えていると、携帯電話の着信音が千早の耳に入ってきた。
 誰からだろうと見てみると、そこには「天海春香」の名前が。
『あ、千早ちゃん? 今大丈夫?』
「ええ、大丈夫よ。今は自分の部屋だから」
『そっか。こっちも急にオフになって、今から会えないかなぁって思って』
「いいわね」
『ああ、その前に』
「なにかしら?」
『千早ちゃん、愛してるっ』
 ラジオでは恥ずかしかったのに、今回は平気だった自分に千早は驚いた。
 どういうことかと一瞬考え、電話の向こうにいるのが「私の春香」だからという答えに行き着いた。
「私も愛してる」
『うん。じゃあ、いつもの場所でいいかな』
「そうね、すぐ向かうわ」
 せっかく春香成分を摂取できるのだから準備は手早くしなくては。
 千早はすぐにパソコンを終了させ、着替えを始めた。着替えながら、ラジオの感想を言わなくちゃねとだけひとりごちた。

-END-

***********************************
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。